2017年01月11日

初釜

1月8日はお茶の初釜でした日本茶

DA4EE526-61B0-4F69-88AF-A1BFDC12D0C6.jpg

当日、急遽お点前をやることになり
先輩にココはこうですよね?
あーですよね?と、矢継ぎ早に聞く始末泣き笑い

ちょっと間違っちゃったけど
なんとかお点前は出来ましたハート
後見といって、お点前をする人とは別に
お客様と会話をする人と一緒に
お客様の前に出るのですが、
今回は後見が先生ではなく、大先輩で
上客はお茶の大先生(笑)
背後にはお稽古を始めることを
勧めてくれた先輩がいて....
お茶会でお点前するよりも緊張しました泣き笑いハート2(われている)

ちなみに、わたしがしたお点前は
皇服茶(おうぶくちゃ)点前。
炉からアツアツのお湯を汲みます。

ほうじ茶の中に昆布と梅が入ります。
とあるWebサイトによると....

京都では、一年の無病息災を願い、正月の三が日に小梅と結び昆布を入れたお茶を飲む風習があり、このお茶を「大福茶」や「大服茶」と書き習わします。六波羅蜜寺では、村上天皇が服したことから「皇服茶」と書かれ、元旦に汲んだ若水で茶を点てて、厄難除けのお札と一緒に授与されます。期間中、初詣に訪れた人々で賑います。※先着3000名に稲穂の無料授与

とのこと日本茶
いつも、美味しいお茶とお茶菓子に
心和ませていましたが
こうして、お茶の慣わしをしらべると
なおなお、お茶の美味しさも
感じられるのかなと思った
3度目の初釜でした♫


posted by sally at 21:36| Comment(0) | 日記